2008年11月11日

小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について

tana 002 

小児弱視等の治療用眼鏡等に係る療養費の支給について

 

小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡・コンタ

クトレンズに係る療養費の支給については、平成1841日から保険適用になりました。                                                                                                                                                                     

 

対象年齢

 9歳未満の小児 (被保険者証により被扶養者であること、申請時に9

 未満であることを確認する)                

 

支給額

 「弱視眼鏡 掛けめがね式」  36 700円まで     

 「コンタクトレンズ」 一枚 15 400円まで

      (価格の103 100を上限とする)

                       

眼鏡の製作所

  厚生労働大臣許可店

眼鏡の更新条件

 (1 5歳未満: 前回の療養費支給日から1以上経過していること

 (2 5歳以上: 前回の療養費支給日から2以上経過していること

必要書類

 (1眼鏡あるいはコンタクトレンズの領収書

 (2弱視等治療用眼鏡等作成指示書

 (3療養費申請書 (社会保険と国保で用紙が異なります。)

 

各保険者(社会保険事務所、組合、共済組合、国保)に申請する。

 

詳しくは眼科診察時にきいてください。