Profile

プロフィール

院長紹介
木村 院長


私たちは、地域の皆様の健康に奉仕するため、医療レベルの向上と、医療サービスの徹底に努力します。

Calendar

2016年10月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

  1. 公衆電話を廃止にしました
  2. 電話器をかえました
  3. 風に立つライオン
  4. 「米国医療から何を学ぶか?」李啓充先生
  5. カラーコピー機導入しました。

2015年3月31日

公衆電話を廃止にしました

CIMG1905

平成5年より使用してきた公衆電話です。昨今の携帯電話の普及によりあまり使われなくなりました。月に平均60円の使用料でした。残念ながら廃止することにしました。携帯電話の持っていない患者さんには受付の電話を使用していただきます。

2015年3月30日

電話器をかえました

CIMG1907

木村内科と木村眼科の電話器を新しくしました。機能がかなり進化しております。

2015年3月29日

風に立つライオン

大沢たかお主演の映画「風に立つライオン」を見ました。日本人医師がケニアで活躍する話です。大変立派な日本のお医者さんがいるものだと感動しました。

以前やっていた、大沢たかおさんの「仁」という映画もよかったなあ。

2015年3月28日

「米国医療から何を学ぶか?」李啓充先生

平成27年3月28日 恵那医師会臨時総会がありました。 李啓充先生の特別講演「米国医療から何を学ぶか?」がありました。

米国型の市場原理が働く医療では、お金持ちはよい保険に入って、良質な医療を受けられる一方、貧乏な人は保険に入れず、満足な医療を受けられません。多くの実例や李先生の経験から、米国医療がどういうものか、知ることができました。日本の目指している医療が米国型の医療に近付いています。混合診療解禁TPP参加は、日本にとってよいことでしょうか?医療をビジネスとしてとらえている人にはよいかもしれません。米国の保険会社は喜ぶでしょう。一方、日本国民にとっては医療費の高騰とサービスの低下を招くかもしれません。貧富の差により受ける医療レベルが違うとしたらどうでしょうか?講演を聞いて、暗い気分になりました。

2015年3月 5日

カラーコピー機導入しました。

P1010915

今まで白黒のコピー機を使っていました。故障したのでカラーコピー機に替えました。

確かにカラーコピー機は便利です。