Profile

プロフィール

院長紹介
木村 院長


私たちは、地域の皆様の健康に奉仕するため、医療レベルの向上と、医療サービスの徹底に努力します。

Calendar

2016年10月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

  1. 東日本大震災に対し、義援金として木村眼科101,931円、木村内科61,022円を日本赤十字社に振り込みいたしました。
  2. ナイツ社のトランスと電磁波について
  3. 行天良雄先生「地域医療の底力をみせつけた大震災」
  4. コンタクト室の棚を一部リニューアルしました

2011年6月28日

東日本大震災に対し、義援金として木村眼科101,931円、木村内科61,022円を日本赤十字社に振り込みいたしました。

clip_image002多くの皆様から、被災地の方々への義援金にご協力いただき、ありがとうございました。

第2回目(4月12日)として

木村眼科31,399円、木村内科15,957円

第3回目(5月18日)として

木村眼科20,081円、木村内科21,970円

3回分合計、木村眼科101,931円、木村内科61,022円を日本赤十字社に振り込みいたしました。

被災地の1日も早い復興をお祈りいたいしますとともに、ご協力いただきました皆様に心から厚くお礼申し上げます。

2011年6月27日

ナイツ社のトランスと電磁波について

眼科の眼底検査に、ナイツ社のボンノスコープを使用しております。

このボンノスコープの電源に写真1のトランス(Dual wall transformer TW)を使用しております。最近、電磁波を計測する器械で測定してみると、びっくりするほど高値でありました。離れて使用する分には問題がありませんが、健康に影響するといけませんので、取引先のリッツメデイカルに事情を説明して、電磁波の出ないものに買い替えるため、依頼しました。

image

写真1

後日、リッツメデイカルが新しいトランスを持ってきました。

「ナイツ社が、現在ヨーロッパへ輸出を許可されており、電磁波が少ないものです。ヨーロッパの基準に適合したものです。」ところがです。これまた大変な量の電磁波が出ております。写真2の通りです。だまされました。ナイツ社は嘘つきです。今まで電磁波のでていた器械を使用させられてきた上に、今回も多量の電磁波を出す器械を売りつけようとしました。返品しました。

clip_image004

写真2

一方、ドイツのHEINE社の製品はほとんど電磁波が出ません(写真3)。さすがはドイツです。信頼することができます。

clip_image006

写真3

2011年7月13日 ナイツ社より返事があり、「放射電界強度試験」の結果と財団法人 日本品質保証機構 安全電磁センター 電磁環境試験部 都留電磁環境試験所の「試験結果 :適合」の試験成績書をもらいました。

放射電界強度試験とは、他の機器に許容できないような電磁妨害を与えず、かつ、そのような電磁環境においても満足に機能する機器の能力を検証することです。簡単に言うと、「外部へ電磁妨害を与えず、かつ、外部からの電磁妨害に影響されない能力」のことです。

この放射電界強度試験は、測定距離10メートルで調べてあり、単位が雑音電界強度 ㏈μV/mになっていました。

dBμV/m: 0dB=1μV/mとした電界強度の単位(もう少しくだいて言うと、1mの高さの標準アンテナが1マイクロボルトの電圧を検出する電波の強さを0dBとした電界強度単位です)。

当方は、人体へ影響する電磁波(ミリガウス単位)の安全性を問題にしております。また、電磁波であれば10メートルもの距離で測ればほぼ0ミリガウスになります。ナイツは、問題をすりかえております。

 

CIMG0371

結局、8月にドイツのHEINE社のボンノスコープに替えました。電磁波0で快適です。

2011年6月26日

行天良雄先生「地域医療の底力をみせつけた大震災」

平成23年6月25日 恵那医師会定時総会において医事評論家の行天良雄先生の講演がありました。先生は1926年生まれの千葉大学卒業の医師です。

今回の東日本大震災で①地震②津波③放射能の三つのことが起きました。そして岩手県・宮城県・福島県においてそれぞれ被災状況が異なるそうです。

また反原発の運動により、関西電力・中部電力にも影響し、節電により日本のトヨタ等が海外に工場移転するのではないか?

日本国債の価格が下落し(金利は上昇し)、ギリシア・ポルトガルのようになるのではないか?

そして中津川市にはリニア新幹線の駅ができることになったが、リニア新幹線の計画自体がぶっとぶのではないか?

行天良雄先生は1945年3月東京大空襲にて20万人がなくなり、続いて横浜の空襲でも13万人がなくなったことを経験して見えます。その時は何もなくなった。がれきもなかった。今回の東日本大震災ではがれきがある。そして戦後1950年の朝鮮争乱と米ソ対立によるベトナム戦争により日本は高度成長を遂げた。今回も日本は復活するだろうか?今回はだれも日本を助けてくれない。

「菅首相はだめだ。良いことは自分の手柄、悪いことは人のせいにしている。」

かなり過激なことをおっしゃっていましたが、それほど現状がひどい事態であるということだと思います。

それにしても東日本大震災がおきて、復興するために増税するそうです。増税すれば景気は悪くなります。日本は60~70兆円ほどの米国債を所有しています。そのうちの10兆円も売れば、復興資金はできます。どうして売らないのでしょうか?これは非常事態です。アメリカの顔色をうかがっている場合ではありません。

2011年6月23日

コンタクト室の棚を一部リニューアルしました

お久しぶりです。再びブ院長ログを更新していきたいと思います。今回は、コンタクト室の棚をデイスポレンズが増えてきたため棚を一部更新しました。

BeforeDSC01538

AfterDSC01540

どうですか?すっきりしてませんか?