Profile

プロフィール

院長紹介
木村 院長


私たちは、地域の皆様の健康に奉仕するため、医療レベルの向上と、医療サービスの徹底に努力します。

Calendar

2016年10月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Entries

  1. HumanOptics 社のAdd-onレンズ
  2. 遠近両用眼内レンズ (AMO Synchrony)
  3. 消費税が10%へ!?

2010年7月16日

HumanOptics 社のAdd-onレンズ

HumanOptics 社から Add-onレンズが出されています。Add-onレンズとは、一度白内障手術がされている眼に、もう一枚追加の眼内レンズを入れものです。日本では未承認です。

球面レンズ・回折レンズ・乱視レンズの三種類あり。一度白内障手術をして、もし度が合わなかったときに度修正可能です。多焦点眼内レンズにすることも、乱視矯正することも可能です。

2枚眼内レンズを重ねるピギーバッグ法は、かつてファイブローシスを生じたので、このレンズはこれを生じない様に、すでに移植したレンズと接触しないように(後面が凹に)できています。

2010年7月15日

遠近両用眼内レンズ (AMO Synchrony)

遠近両用眼内レンズのひとつとして、AMO社よりSynchronyが外国で発売されています。日本では未承認です。

Dr.Osma (南米コロンビアの先生)が発表されておりました。AMOのSynchronyを473眼使用したそうです。

仕組みは、2枚のレンズがあり、2枚のレンズのあいだにバネがあります。この2枚のレンズが離れたり、近づいたりしてピントを合わせます。

インジェクターで入れます。

前嚢切開CCCは正円である必要があります。

またカプセルが白く濁ると固くなり、弾力性がなくなるため、透明性を維持する必要があります。カプセルは、2手法で360°磨く必要があります。写真で見ると確かにIOLが入っているのにカプセルに混濁がありません。

患者さんが、Syncronyは慣れるのに2~3週かかります。ReSTORの場合は翌日から見えます。

2010年7月 7日

消費税が10%へ!?

IMGP0433

民主党の菅首相が消費税を10%に上げる意向です。消費税が5%から10%に上げると、税収が11兆円増えます。その一方で法人税を40%から25%に下げるそうで、これにより税収は9兆円減少します。すると2兆円税収が増えるだけです。

つまり、消費税をあげても法人税が減るため、財政は苦しく、約束通り消費税の増加分が福祉に回ってくるとは思えません。

法人税を下げないと企業は外国に出ていきます。しかし、国民は外国に出ていかないから、大丈夫ということでしょうか?

また最高税率を所得税40%から上げるそうです。最高税率は、市民税等の10%を入れると現行でも50%もあります。(このことはなぜか新聞には載っていません。)日本の富裕層が国外に脱出する日も近いと思います。若い世代の日本人は英語が堪能です。外国旅行もよくします。外国暮らしに抵抗はありません。

法人税を下げても、安い人件費を求めて、企業は外国に出ていきます。そう思いませんか?

消費税は上げないでほしい。政治家のみなさん、お願いします。