子供の為の 『肺炎球菌ワクチン』  日本でも接種が始まりました!

細菌性髄膜炎・菌血症など 肺炎球菌による重い病気を予防できます。

2ヶ月から接種できます。詳しくは、当院までおたずね下さい。

 


 

接種できる時期: 生後2ヶ月以上から9歳以下まで接種できます。
           肺炎球菌による髄膜炎は約半数が0歳代でかかり、 それ以降は年齢ととも
            少なくなりますが、5歳くらいまでは危険年齢です。「5歳過ぎての発症もあります」

効果 :  2000年から定期接種しているアメリカではワクチンで予防できる肺炎球菌による
              重い感染症が98%減少しました。 現在世界約100カ国で接種されています。

副作用と安全性:ワクチン接種した後に発熱や接種部分の腫れなどの副作用の頻度は
                       ほかのワクチンと同程度です。