2009年は前年より東海地方から西日本では多くなる
                            
との見込みです

春に飛散するスギやヒノキ科の花粉量は前年夏の気象条件に左右されるといわれています。
一般に日照時間が長く気温が高い日が続くと翌年春の花粉が多いといわれます。

〈2008年夏の日照時間は中部地方では前年よりやや多く全国的には平年並みの気象条件だったみたいです〉

予防は早めに始めることがポイントです!1月半ばからの準備「薬の服用」を
お勧めします。


 

花粉の飛散前から抗アレルギー薬を内服することによりアレルギーの発症を
遅らせ、また程度も軽くする作用もあります。

☆注射療法☆
お薬をあまり飲みたくない方には、注射療法もあります。
週に1~2回 3週間「計3~6回注射」